So-net無料ブログ作成
検索選択

D40で試し撮り~AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)~ [D40]

 同じD40を所有している義弟が、AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)(以下VR18-200と表記)を買ったというので僕のAF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-F5.6G(以下55-200と表記)と室内で望遠端で撮り比べしてみました。
 といっても数枚シャッターを切っただけですし、画質を評価する眼もありませんので、触れてみた印象だけでもお伝えしたいと思います。
 
 まず、VR18-200を装着したD40を持ってみると、ズシッと手ごたえを感じました。普段使用している55-200とでは300gも違いますので、D40の魅力である軽さを若干損なっているようにも
感じられました。
 しかし、VR18-200には、普段使用する焦点距離を一本でカバーするのでレンズ交換が不要というメリットがあります。また、手ブレ防止機能付きですから三脚がなくても手持ちで望遠撮影が可能です。交換レンズや三脚の重量まで考えれば、300gの差は無いに等しいか、むしろこちらのほうが軽いかもしれません。

 次に試し撮りしてみた感想ですが、望遠端で室内という悪条件のせいか55-200ではAFが迷い、合焦に時間がかかったり、または全く合いませんでした。
 ところが、VR18-200ではスーッとピントが合います。これは正直以外でした。AF性能はボディによって決まると考えていましたが、レンズによっても違いがあるようです。

 ほんの少しの時間触っただけでしたが、シャッターを半押しするとファインダーの像の揺れがピタッと収まる、このVR効果には驚かされました。約80,000円という実売価格ではちょっと手が出ませんが、近所のキタムラにもう一声、お買得価格を提示されたら思わず買ってしまいそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。