So-net無料ブログ作成

GOLFⅢがエンジントラブル [クルマ]

 三ヶ月ほど前から愛車GOLFⅢGTIのエンジン不調に悩まされていました。
 一定速度で走行中、車体に小刻みにエンジンブレーキがかかったような振動を感じるのです。症状が安定していれば説明しやすいのですが、何ら問題ない時もありますので性質が悪い。ディーラーに診せたところ異常無しと診断されてしまいました。

 10年も活躍してくれたのだからそろそろ買い替えも検討せざるをえないのでしょうか。嫌です。
GOLFⅤより乗り心地の良いシート、10年経っても剛性感のあるボディ、そして飽きの来ない外観はまだまだこのGOLFⅢを輝かせています。

 似た症状の事例はないか、ネットで検索してみました。
 1 ディストリビューターキャップおよびローター・プラグコード、点火プラグなど点火系統に異常があり点火に失敗する。
 2 燃料噴射系統のトラブルで加速時の燃料噴射量の補正が正常に行われていない。
 3 インテークマニホールドにくっついているバキュームホースの劣化のためホースが割れて余計な空気を吸い込みノッキングを起こしている。(特にGTIに多いらしい。)
 調べた限りではこの辺りが原因のようです。
 
 ディーラーに上記の情報と修理して乗り続けたい旨を伝えてもう一度良く診てもらうようお願いしました。その結果、原因が判明したのです。

 「電子制御ユニット(ECU)のメインリレーの半田面が高熱にさらされ収縮を繰り返したことによりクラックし接触不良になった。接触不良になると制御信号が届かないときがあり燃料噴射されず冒頭の症状となった。」

 こんな説明だったと思いました。盛半田すれば問題は解決するのですがディーラーの勧めもありメインリレーを交換したところ症状は現れなくなりました。一件落着です。
 「気に入ってる車を治してくれてありがとう。」
感謝の気持ちを述べてディーラーを後にしたのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。