So-net無料ブログ作成
検索選択

CCDにゴミが付いた [D40]

先日、白鳥を撮りに餌付けスポットへ出かけてきました。まずは下の画像をご覧ください。

CCDに付いたゴミが写りこんでしまっているではないですか。
念のため他の撮影画像を確認してみました。確かに同じ場所に黒い影が写り込んでいます。
これはゴミに確定です。
 あわててD40のファインダーを覗き込んでみました。
良く考えてみたらCCDに付いたゴミなのですからファインダーから見えるわけがありません。
 しかし、AFポイントのやや下側に見慣れない黒点が見えるではないですか。
混乱してしまいました。これはゴミだと思うのですが初心者には判断が付きません。

 聞きかじった話ではゴミならミラーアップしブロワーで吹き飛ばせば取り除けるはずです。
マニュアルを片手に恐る恐る挑戦してみました。

意外とカンタンでした。

ゴミはミラーとCCDに二個付着していましたが、容易に目視できましたし、
ブロワーでシュポシュポしたらあっさり飛んでいってしまいました。

 前述で他の画像にもゴミの影が写っていたと説明しましたが、
コントラストの強い画像ではその影は見分けが付きませんでした。
 ということはゴミが付いていても気が付かない私のような人には、
ゴミ取り機能は必要ないかもしれません。
 もし、ゴミが付いていてもシュポシュポっと吹き飛ばして、
はいオシマイ、となりますしね。

 D300でニコン製品にイメージセンサークリーニング機能が初搭載されましたので、
D40の後継機種にもゴミ取リ機能が付くことが予想されます。
 ニコンとしては競争力UPのために必要なのでしょうけれども、
ユーザーにとってはゴミ取り機能の必要性は低そうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。